烏鹿庵-react-

烏鹿(うろく)の駄々洩れ?

何かと追われてたり

仕事とかやりたい事とかその他。

飲食

  • よっぱ研にて。
  • なんだかんだ甘い物食べてる日が増えてるような気もしないでも無い。
  • 15日に人の少なくなったチョコレート売り場に足を運んでいたりね。
    • インペリアルチョコレートスタウトと霧笛楼監修のチョコビールの為にだけどw
  • 先日ここにあるレシピのうち、

1. ふつうにうどん、そばを茹でて
2. かつおぶしととろろ昆布とゆず七味を大量に入れた丼に茹で汁ごと投入。
3. あとは醤油を適宜たらす。

という物を試してみようと家漁ったらとろろ昆布を発見出来ず、しょうがないので茹でる前の水に出し昆布入れてそのまま蕎麦を茹でて、鰹節と柚子胡椒を入れた丼に茹で上がった蕎麦を茹で汁(昆布はもちろん取って)ごと入れてその上にすったとろろとホウレン草と葱乗せてみたりしてた。醤油要らずでうまかった。

読書

ワーカムという文章支援とかに進化したワークステーションが存在しているという世界を根底に置いて語られる連短編。初めの一石から色んな所に徐々に飛び火して行く様は面白い。こんな世界がそのうち来るのかもなぁと思えるほど惹き込まれた。

唐突に南方熊楠ってどんなんだっけなぁと検索してて見つけた。南方熊楠を漫画にした物では他にジャンプで連載していた『てんぎゃん』とかあった筈。それは置いといても、熊楠に飼われていた猫の視点から熊楠を語るというのは面白かった。所々猥褻な表現とかあるが、それも熊楠だからで済む所がそれはそれで笑えた。

  • 菅浩江『そばかすのフィギュア』*3 読了

『雨の檻』から短編を一つ追加して改題されたもの。追加された短編は『月かげの古謡』親父の鼻を明かそうと企む若者が噂を聞きつけて塔に臨むという物悲しい話。とりあえず菅浩江の作品を追ってみる事になりそうだ。

最後のオチまで読んで再読しようかと思った事もあったが、積読本の多さに辞める事にした。

SF的シュール過ぎて買って来た日に寝る事忘れて一気に読み終えてしまった。単行本版より今年分のネタ(オバマネタ含む)が追加されている。ちょっと懐かしかった。 まだ販売して間も無いのに書影が無いのは酷いぞAmazon

法医学と脳死と臓器移植を巡る話。半ば強引かなぁと思えた節もあったが、それがいい

天使の卵』『天使の梯子』のアナザーストーリー。本文の構成が今までと異なり、それはそれで読みやすかった。それはさておき、文庫版で追加されてる某SNSに書いてたという日記がコミカルだった。

ゲーム

  • 相変わらずモンハン2Gを。
  • 最初からやり直してやっと村長☆6クリアで集会場☆4

その他

  • perlをちょこちょこいぢってまーす。
    • CPANに投稿するまでもお世話になるレベルでも無いです。
  • 最近のお気に入りはローソン等にある明治の麦茶(1リットル紙パック)だったりする。
    • お茶類はまだ会社で韃靼蕎麦茶を急須に入れて呑んでたり色々やってるが、手軽でおいしい。
  • もうそろそろ誕生日だったりしますが、今年はひっそりとしていようと思っています。
    • ネタあれば更新するかもですが、あてにしないで。

*1:

言壺 (中公文庫)

言壺 (中公文庫)

*2:

猫楠―南方熊楠の生涯 (角川文庫ソフィア)

猫楠―南方熊楠の生涯 (角川文庫ソフィア)

*3:

そばかすのフィギュア (ハヤカワ文庫 JA ス 1-4)

そばかすのフィギュア (ハヤカワ文庫 JA ス 1-4)

*4:

探偵伯爵と僕 His name is Earl (講談社文庫)

探偵伯爵と僕 His name is Earl (講談社文庫)

*5:

時事ネタ (文春文庫 と 23-1)

時事ネタ (文春文庫 と 23-1)

*6:

冥府神(アヌビス)の産声 (光文社文庫)

冥府神(アヌビス)の産声 (光文社文庫)

*7:

ヘヴンリー・ブルー (集英社文庫)

ヘヴンリー・ブルー (集英社文庫)